華道家 塚越応駿

Message

時代の流れに伴い、住環境も多様化する中で不易流行を見つめることが肝要であると考えます。古来からの伝統を守り現代の生活空間に調和する花あしらいとは何かを自らに問いかけ、日々研鑽を重ねております。また、植物とふれあい学ぶことは、人々の暮らしに豊かな時間をもたらします。単に装飾としてのいけばなではなく、花と向き合う時間を楽む人が増えてほしい。そう願い今日も花をいけています。